腕時計バンド調整方法/腕時計通販ウォッチフィール


SEIKO 腕時計COGU 腕時計DIESEL 腕時計

腕時計のバンド調整方法について

当ショップでお買い上げの腕時計は、お客様の手首に直接合わせて調節できない為、バンドを調節せずに新品の状態でお送りさせていただきます。サイズ調整される場合は、時計店やブランド店などでご依頼いただくか、下記の方法で調整してください。お客様自身で調整される場合、こちらの「時計工具」をご使用いただくと便利です。時計店での調整料金の相場は、500円から1000円程度が一般的となります。

当ショップでは、バンド調整可能なタイプのメタルバンド(セラミックバンドも含みます)の腕時計をご購入のお客様全員に、こちらの「腕時計バンド調整工具」を、もれなく無料でプレゼントさせていただいております。バンド調整可能なタイプの腕時計を複数ご購入いただいた場合は、その個数分プレゼントさせていただきます。(※腕時計と同時購入の場合、カートに入れる必要はございません。)

ロックピンタイプのバンド調整

  1. バンドの裏側に矢印(→)が刻印されたコマを取り外す事ができます。
  2. 側面の穴に、先の細いものをあて、(→)の方向へ金槌などでたたき出します。
  3. 途中まで抜けると、反対側から手で抜く事が出来ます。(固い場合はペンチ)
  4. 必要なだけコマを抜いたのちに、反対の手順でピンを差し込み、叩き込みます。

カシメ(止め具)のついたモデル

一部高級モデルなど、しっかりとつくられたバンドには、筒状の引っ掛けが穴の中に装着されている場合があります。通常通り抜いた際に、ベルトを縦に向けると細い筒が落ちてきます。こちらを紛失しないよう十分ご注意ください。装着時には、ピンセットでつまみ、同様の位置にセットしてからロックピンを挿入します。

板バネタイプのバンド調整

  1. バンドの裏側に矢印(→)が刻印されたコマを取り外す事ができます。
  2. バンドの裏側の突起に先のとがったものをあてて板バネを押し出します。非常に固いものも多いため、手で難しい場合は、バンドが動かないようしっかり固定して、金槌でたたき出します。あまり強く叩きすぎるとコマが破損しますので、どうしても動かない場合は、たたく角度を疑ってください。
  3. 板バネの頭が出たら、ペンチで抜き出します。(目安として突起が完全にベルトの外に出たらペンチで抜く)
  4. 必要なコマを外したあとは、逆の手順で板バネをはめて、叩き込みます。

ネジタイプのバンド調整

一見するとロックピンタイプと同じに見えますが、裏面に(→)がありませんので、側面に穴があるところが取り外し可能です。ネジの形状にあわせて、プラス、マイナスドライバーで回して外します。

バタフライバックルタイプのバンド調整

レザーバンドを、ステンレスのバックル式のように着用するモデルの調整法です。バックルを空けて、レザーベルトを希望の位置まで差し込みます。バックル部分に出ているピンを、レザーベルトの穴にあわせて、バックルを閉じます。

バックルによる微調整

複数の腕時計には、コマによる調整のほか、バックル部分での微調整が可能なものがあります。バックル横の小さな穴に、バネピンが押し込まれていますので、先の細い物で押してやり、希望の位置にずらしてはめこみます。

複数のコマを抜く場合

バックル部分をはさんで、両側が外せるようになっていますので、基本的に左右均等の個数を抜くようにします。奇数のコマを抜く場合は、文字盤の上側についている方を多く抜くとバランスがとれます。ロックピンタイプの場合、バックルの左右では、矢印の向きも逆になっていますので、たたき出す方向にご注意ください。

腕周りの計測方法

細長くカットした紙に、定規で5mm単位の目盛りをつけます(女性約13.5~17cm、男性約16~21cm)。この紙を腕周りに沿ってフィットさせます。希望のサイズの所にセロテープでとめて、円形の定規をつくります。(セロテープの粘着力を弱めれば複数回使用できます。)腕時計を出来る限り一直線になるよう、文字盤とバックル部分と文字盤部分を近づけます。先ほどつくった円形定規を中にはめ、いくつコマを外せばよいかを目測します。(0.5~1cm程度余裕を見た状態が良い)

調整してはいけないコマ

バックル側、文字盤側に最も近い所のネジが、その他と異なる場合は取り外してはいけません。(一部モデルのみにあり)こちらを一旦取り外すとネジ山がばかになってしまう場合が多く、修理が必要となります。

ロックピンを逆方向に叩いてしまった場合

矢印の方向とは逆に叩いてしまった場合は、元に戻す事は困難ですので、そのまま、反対方向にペンチで引き出します。固い場合は、バンド部分に接触しないようペンチをひねります。このように引き出したピンは、曲がったりゆがんでいますのではめ込む際に使用する時は、ペンチで元通りの形に戻します。

無理な力をかけて、バンドが分解してしまった場合

左右、真ん中部分の3つで構成されているバンドは修復可能な場合が多いです。万力などで、抜けたパーツとバンドを並行に保ち、布をあてて金槌で叩き込みます。

ネジ式をロックピンと間違えて叩いてしまった場合

このような事のないよう、事前に裏面に(→)があるかを見て、どちらのタイプかをしっかり確認します。万一誤って叩いてしまった場合は、ドライバーをしっかり押し込み、強い力を真下にかけてゆっくり回してみます。少しでも回らないと感じた場合は時計店などへ持ち込んでいただき、ねじ山の修復を依頼してください。

数量限定SALE開催中

  • コグ【COGU】限定モデル 自動巻き メンズ 腕時計 BNT-BK
  • ビジネスシーンで大活躍、スーツに似合う厳選腕時計特集
  • ゲリラセール開催
  • 人気アイテム売れてます!ランキング掲載商品!
  • DIESEL特集
  • ワインディングマシーン
  • 腕時計コレクションボックス 大切にしておきたい時計がある
  • 新入荷アイテム
  • ご利用ガイド一覧へ

Copyright © 2014 腕時計激安通販ウォッチフィール All Rights Reserved. Powered by INFORCARE web
WATCHFEEL|BRAND WATCH ONLINE SHOP